JALカード基本情報

無料でマイルを貯める方法

毎日の生活で貯める方法

ANAマイルについて

カードの詳細情報

年会費を抑えてANAマイルを貯められるカードとは?

ANAマイルを貯めるにはANAアメリカンエキスプレスカードが最もオススメですが、少し年会費が高いと感じる方もいるのではないでしょうか?

そんな方にオススメのメインカードがもう1枚あります。
それがANA JCBカードです。

ANA JCBカードはANAアメリカン・エキスプレスカードよりもマイルが貯まるペースは遅いですが、年会費が安いというメリットがあります。

2枚のカードを比較すると3000円近く、安い年会費でANAマイルを貯めることができます。

もちろん、年会費が安いからといって、サービスが極端に下がるわけではありません。

入会ボーナスとして1,000マイル、継続更新をしたときにも1,000マイル貯められます。しかも、ANAの飛行機に乗るたびに基本のマイルにプラスして、区間基本マイレージの10%も貯まるのです。

OkiDokiポイントサービスでマイルを稼ごう!

普段の買い物では、OkiDokiポイントサービスを使うことでマイルを貯めることができます。

OkiDokiポイントは1,000円=1OkiDokiポイント(=10マイル)に換えることができるため、100円=1マイルという計算でマイルを貯められるのです。

また、このOkiDokiポイントサービスでは「JCB STAR MENBERS(スターメンバーズ)」というボーナスシステムがあります。

このボーナスシステムでは、前年度50万円〜100万円の利用で「スターβ(ベータ)メンバー」になり、当該年度のポイントが20%プラスされます。

また、前年度100万円以上の利用があった場合は「スターα(アルファ)メンバー」になり、当該年度のポイントが50%プラスされます。

これは、ANA JCBカードでスターβメンバーになれば100円毎に1.2マイルが、スターαメンバーになれば100円毎に1.5マイルを貯められるのです。

長期間でマイルを貯めていこうと考えている方にはかなり嬉しいサービスですよね。

ただし、1点だけ覚えておいて欲しいことが、ANA JCBカードはEdyのチャージではマイルを貯めることができないということです。ANAアメリカン・エキスプレスカードではEdyにチャージすることでマイルを貯められるため、様々なところでマイルを貯められます。

それ以外の部分では、充分魅力的なカードですから、ANAアメリカン・エキスプレスカードの年会費が気になる方は、まずはANA JCBカードを使ってANAマイルを貯めることをオススメします。