JALカード基本情報

無料でマイルを貯める方法

毎日の生活で貯める方法

ANAマイルについて

カードの詳細情報

ANAマイルを貯めるためのカードはコレだ!

ANAマイルを効率よく、しかも大量に貯めるためには、JALマイルと同じように、メインカードとサブカードを持つことが大事です。

メインカードとサブカードを上手く使って、ANAマイルを大量に貯めましょう。

ここではANAマイルを貯めるためのオススメのカードを紹介します。

ANAマイルを貯める最強の組み合わせ!

ANAマイルを貯めるのに最も適しているのが、メインカードは「ANA アメリカン・エキスプレスカード」、サブカードが「楽天カード」の組み合わせです。

まず、メインカードの「ANAアメリカン・エキスプレスカード」について説明します。

そもそも「アメリカンエキスプレス」というブランドはクレジットカードの中でも最高レベルのステータスを誇っているブランドです。

もちろん、ANAアメリカン・エキスプレスカードもクレジットカードの中で最高のステータスを誇っています。

そんなANAアメリカンエキスプレスカードの魅力として、ゴールドカードでしか使うことができない空港のラウンジを無料で使うことができます。

羽田や成田、中部国際、関西国際、ホノルル、ソウルなど国内14箇所、海外2箇所の空港ラウンジが無料で使えるのです。しかも、同伴者1名までは無料で空港のラウンジを使えます。

また、旅行傷害保険は海外で3,000万円、国内で2,000万円が付帯されます。こちらもクレジットカード内では最高クラスです。

気になるANAマイルの貯まり方ですが、入会で1,000マイルがプレゼントされるだけでなく、ANAアメリカン・エキスプレスメンバーシップ・リワードというポイントサービスに加入することで、さらに2,000マイルがプレゼントされます。

普段の買い物では100円=1マイルで貯まり、ANAアメリカンエキスプレスカードならばEdyのチャージでも200円=1ポイント(=1マイル)貯めることができます。

しかも、入会から3ヶ月間はポイントが2倍になるため、爆発的にマイルを貯めることができるというわけです。

ANAアメリカン・エキスプレスカードで貯めたポイントは「ポイント移行コース」に登録することでマイルに換えることができます。

ポイントはこの「ポイント移行コース」は年会費が5,250円かかるもののポイント移行コースに登録中はポイント(=マイル)の有効期限が無期限になるのです。

ですから、ポイントを大量に貯めて、一度にポイントからマイルへ移行すればマイルを失うこともありません!

ANAアメリカン・エキスプレスカードは、ゴールドカードレベルのステータスとサービスを受けることができ、なおかつANAマイルも大量に貯められる一石二鳥のカードなのです。

サブカードには楽天カードがオススメ!

サブカードとしてオススメなカードが「楽天カード」です。

楽天カードは、なんと入会するだけで楽天ポイントを2,000ポイントもプレゼントされます。

楽天ポイントは2ポイント=1マイルですから、入会だけで1,000マイル貯めることができるというわけです。しかも、年会費は無料のため、無料で1,000マイル貯めることができるというわけです。

しかも、楽天では楽天市場の「ポイントが5倍になるキャンペーン」など、様々なキャンペーンを頻繁に行っています。

こうしたキャンペーンを利用すれば、100円=5ポイント(=2.5マイル)も貯めることができるため、爆発的にマイルを増やすことができます。

楽天市場をチェックして、キャンペーンを上手に利用することで、大量のANAマイルを貯めてください。